上がらない人が知っていることについて

 
あがらない人はみんな、

無意識に理解しているか
意識的に知っていることがあります。

それが、

すべての人にいい印象を与えることは無理

ということです。

統計学上、例えば一つの商品に対して
1万人にアンケートを取った時、

「まあ、いいかな」
「普通」

など、これらの感想、意見がだいたい多数、

逆に、

「これはかなりいい!今すぐ欲しい」
「使えなさすぎる、お金をもらってもいらない」

という極端な意見は、少数と
どんなものでも、そういったデータになります。


非常に人気のある芸能人も、
TVを見ている人をすべてファンに出来るかというと、
不可能です。

必ず、嫌いな人もいれば、好きになる人もいます。


何かしらのアプローチを行えば、
それに対して、好感を抱く人も、
嫌悪感を抱く人も必ず出てくるということです。


ここで、知っておいてほしいのが、

 当然、統計学上、自分の話や仕草、
 パフォーマンスやスピーチなどなど、

 どんなものにも限らず、

 好感を持ってくれる人も必ず出てくる

という現実です。


あがり症に悩まされている方の多くは、
ここを見失ってしまっていたり

そんなことはない・・
自分は誰にもいい印象なんて持たれない

と思い込んでしまっているなど

自分を低く見てしまっているのです。


誰にも好かれる人がゼッタイにいないように、
誰からも嫌われる人など存在しません。

ぜひ、それだけは常に頭の片隅に
入れておいて欲しいです。



 

あがらないための、便利な知識記事一覧

適度な緊張は、むしろ必要なんです。

大勢を目の前にしてのプレゼンやスピーチをする時、頭の中が真っ白になってしまい、何を話しているのかがわからなくなってします。こういった方は珍し...

自分を飾らないこと

あがりやすい人の中には、早口や、どもり、方言、喋り方などを気にして、必要以上に緊張してしまう方がいます。方言などで聞き取りにくいような喋...

緊張を押さえるための知恵

緊張を取り去る為の自律神経の整え方というのは、やはり一朝一夕では身につかないと考えている方がとっても多いようですね。私も、もちろんそう考えていました。 ...

人間は必ず成長できる

あがり症に悩まれている方は、顔がひきつってしまうことや、人前で緊張してしまうなど、コミュニケーションにおいて苦手な意識を持ってしまっているものですよね。...

有名ミュージシャンにもあがり症の人は多かった

あがり症であれば、人前でステージに経つことも、ライブやスピーチをすることも、とっても難しいし、ほとんど自分の力を発揮できないんじゃ・・そう思うかもしれませんし、私も...

上がらない人が知っていること

あがらない人はみんな、無意識に理解しているか意識的に知っていることがあります。それが、・すべての人にいい印象を与えることは無理ということです。 ...