あがり症の基礎知識について

 
あがり症とは、
人前であがってしまい
緊張してうまく話せなくなってしまう等、
対人関係に支障をきたす症状のことをいいます。

ではこのあがり症、いったい何が
原因で起こってしまうのでしょうか。

まず体の器官がどう関係しているか
についてお話しましょう。

実は、あがり症は、ノルアドレナリンに
関係があるとされています。

ノルアドレナリンとは、
人が極度の不安や緊張をを感じた時
に脳内に分泌され、交感神経という
神経を活性化させます。

この神経が刺激されることで
心拍数や血圧が上がり、震えや汗をかくといった症状が
引き起こされるのです。

あがり症は脳の自律神経の中にある、交感神経という神経の
過剰な働きによって引き起こされます。

例えば、手足が震えたり、顔が赤くなったり、
汗をかいたり等の症状が顕著に現れます。

しかし、こういった反応が出るのは、異常なことでも
なんでもなく、普通なことだと認識する必要があります。

緊張や不安によって、誰にでも起こる症状だからです。
しかし、あがり症の人においては、
この交感神経が普通の人よりも敏感なため、

このような手足の震えといった症状が極端に
出てしまうことがあります。

また、あがり症とは、過去の経験や失敗の
積み重ねによって、現れてしまう症状とも言われています。

過去の経験からくる不安に陥り、人前で話せば話すほど
緊張が増し、苦痛となっていくのです。

いずれの症状も人から自分がどう見られているかを
極度に気にしすぎてしまうために起きてしまう
不安な状態を言います。

また、人から変に思われているのではないかという
対人不安が根底にあると言えます。

自分に自信がないために、失敗を恐れて極度に緊張してしまう、
自分はあがり症だと思い込んでいるために
余計に人と接する場面で過剰に反応し緊張してしまう。

対人不安がコンプレックスとなり、根深く深層心理に
刻み込まれていくのです。
 

「あがり症」の正体記事一覧

あがり症の正体

人は一生の中で、さまざまな環境の変化や状況の変化というものを経験しますね。生まれてから死ぬまでに、ずっと同じ状態が続く、なんてことはありません。人はさまざま...

あがり症の心理的な要因

ここでは、上がり症の心理的な要因について、お話していきます。自律神経に関する問題というのは、比較的、簡単なことで取り去ることが出来るのですが、上がり症は「心...

あがり症は、あなたのせいではありません

あなたは、「あがり症の心理的な要因」の中で、自分に当てはまる部分があったでしょうか?おそらく、あったと思います。そして、そういった自分が...

あがり症の基礎知識

あがり症とは、人前であがってしまい緊張してうまく話せなくなってしまう等、対人関係に支障をきたす症状のことをいいます。ではこのあがり症、いったい何が原因で起こ...

あがり症の範囲

あがり症というのは、大きくまとめると人前で話す時などに緊張してしまう人のことです。人前に立つだけで赤面してしまう場合には赤面恐怖症で、この症状があらわれる人が ...

笑顔の際にも出る症状

あがり症の症状というのは様々な場面で見られるものです。また、一見するとあがり症とは程遠いとしか思えないような症状であってもあがり症である可能性はあります。 ...